ご挨拶

ご挨拶

ムラセ銅器は愛知県岡崎市にて 代々、寺院仏具、社寺錺金物、美術工芸品などを 制作してまいりました。 永遠に受け継がれる日本の伝統技術のもと 機械による大量生産品ではなく、古来よりの伝統製法 にて一品、一品、熟練の職人がこだわりの製品を製作 しております。 伝統の仏教美術を基本に、新しい感性を入れ、 現在(いま)を生きる人々の心に響くような製品、作品をお届け できるように日々精進しております。


代表 村瀬 哲也

歴史を語る

愛知県岡崎市(三州)にて代々青銅器鋳物制作を行ってきました。 先代の村瀬昌也が従来の仏具のほかに大型鋳造品まで手掛け現在の 精密鋳造から大型鋳造までの体制が整い全国からの受注をうけております。 この三州の地(三河地方)の青銅器制作は歴史的に古く正応2年(1289年) 河内国内南郷より鋳物師が岡崎菅生郷に移住し、その後由緒ある鋳物師として 梵鐘、仏具の制作を始めたのが三州鋳物のはじまりです。 当時は お寺の脇には鋳物工場があり、仏像や仏具の制作・修理を 手掛ける専用工房の役割を果たしていました。 地名にも鋳物にまつわる地名が現在でも多数存在し市民に親しまれています。 三州鋳物の中に三州灯篭があり、この地で作られた寺院用の灯籠です。 三州灯籠は 歴史が古く、江戸期にすでにその産地形成をとげ、全国に 灯籠産地として知られています。 ムラセ銅器ではこの伝統ある灯籠制作を基に青銅器製作を行っております。

歴史を語る

ページトップへ